趣味の話~経理より~

スタッフブログ

浅香法律事務所の経理の畑中です。

私は趣味で山に登ります。今はやりの山女です。経理の仕事とは関係ありませんが、今回はそのお話をさせて頂こうと思います。
今年私は8月に西穂高岳、9月に奥多摩、10月に谷川岳へ行きました。
西穂高岳は峻険な岩山であるうえ、森林限界の標高2500メートルほどから2909メートルの山頂までずっと強風と雨に煽られたので、いつ手か足を滑らせて真っ逆さまに谷底に落ちるかと、心底怖い思いをしました。そして、そんな私の横を小学生の男の子がすいすい岩を登っていくのを見て愕然としました。
9月の奥多摩ではシャワークライミング(沢登り)のツアーに参加しました。渓流を溯行しながら滝を登ったり滝壺に飛び込んだり泳いだり、美しい風景と水の感触を堪能しました。
10月は紅葉を見ようと谷川岳に登りました。上りの時は見晴らしがよく錦秋を楽しめたのですが、山頂近くの山小屋へ到着した途端に天気が急変。強風が吹き出し、一気に気温が下がりましたので、慌てて持っていた服全部を着込みました。それでも一緒に来ていた母の激しい震えが止まりませんでしたので、当初の予定(谷川岳を越えて縦走し、稜線沿いにある小屋に宿泊するつもりでした)を変更し、そのまま来た道を引き返して下山しました。下山はとても残念でしたが、翌日、谷川岳周辺の林道を歩きながら有名な谷川岳・一の倉沢を下から見上げることができ、その雄大さに感動しました。
今年の登山は全体的に悪天候が多かったです。来年こそは快晴の下で山歩きをしたいと今から張り切っています。